忍者ブログ

WILL I ?

ねこ・おんがく・おいしいもの・いやしのとき
NEW ENTRY
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

11/22/08:07  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01/25/12:07  もこさんのこと その1

ここ数週間のことを自分の記録も兼ねて、ご報告しようと思います。

身内の病気、闘病(現在進行中)も大変ですが、なんと今度は猫姫に「乳腺腫瘍」がみつかりました。

猫の乳腺は腹側に長く5個づつ左右に2本通っています。

そこに出来る腫瘍は猫の場合、90パーセントの確率で悪性だそうです。

そして、まず他に転移はまぬがれないかもしれないことも。

ここ2,3週間の間に、人間と猫の癌について猛勉強して、みょーに一部分だけは詳しくなりましたよ。

みつかったのは、年明けの肝臓の定期健診(だいたい2週間ごとに通っています。)での触診。

毛玉だと思っていた幾つかがしこり。ドクターがみつけてくださいました。

まれに乳腺の炎症もあるが、つまんでも痛がらないので、まず間違いなく腫瘍でしょう。と。

幸い、肝臓の数値は12月中旬に今までの半分くらいに下がったままの横ばい。(つまり基準値の倍強くらいの数値、それでも随分下がってるのです)黄疸がちょっと高いけれど、元気も食欲もある。

もし手術するのなら、今をおいて他にはない、ということで、かなり悩んだものの摘出手術をお願いすることにしました。しこりだけを取ることと、乳腺自体全部(片側)をとるか、ということで、乳腺全体の手術となりました。

去る、25日(なんとわたしの誕生日でした!)に手術でした。
結果から先に言いますと、摘出手術は無事に成功しました。現在、入院中です。

一番怖いのは、麻酔のリスクが高いことでした。
又、手術したからといって、この癌は転移を免れる確率はほんのわずかしかありません。

何せ高齢、しかも肝臓という爆弾を抱えている。でも、できる限りの検査を、とお願いして、肺に転移してないかどうかの(もちろん細胞レベルではわかりませんが)レントゲンでは影は見当たらなかった。肺に転移してないし、やはり手術するなら、体力が比較的あると思われる、今しかない、ということで思い切って決断。

ずっと通って信頼しているドクターです。勝算なくして手術は勧めまい、と。素人の勝手な予測ですが。少なくともおととしの肝臓では開腹手術は勧めない、とおっしゃってた。
だから、もこさんの体力と運とドクターの腕にかけました。

それまでの説明の範囲に入っていなかった、避妊手術もしましょう、と22日にご説明がありました。
麻酔の状態が安定していたらそれも視野に入れましょうと。
雌猫の場合、子を産ませないのなら、避妊手術をすべきでした。
そうすることで、乳腺腫瘍はかなりの確率で回避できるようです。
自然のままがいい、とか思っていて、受けさせていませんでした。私の無知のせいです。
今更仕方ないですが、悔やんでも悔やみきれません。
人間もそうですが、癌は直接的な症状が出るのが末期なので、痛みとかが現状ありません。
従って、発見も遅くなるのは常です。
そこそこ大きいしこりが幾つかあるものの、うちは肝臓病のおかげで発見できたわけです。

発見したのが、18日の日曜日。検査もこの日。
手術前のチェックに再診が、22日木曜日。
手術は25日。

25日は開院の9時にあわせて、家族総出で連れて行きました。
(食事は8時までと言われていました。前夜も良く食べました。)
おあずけして、朝から点滴をして、夜の診察終了後に手術です。
終わってから全部まとめて記録するつもりでしたが、たぶん夜は詳しく書くのはもう無理だと思うので先にここまで記録しておきます。

b9918188.JPG写真は26日の夜に面会に行ったときの様子です。

点滴で鎮痛剤を入れてます。

ごはん(回復時に食べるのに最適な、でも彼女の嫌いなad缶だと思われますが)も少し食べたそうです。

点滴のせいか、少しぼーっとしていて、又だいぶ消耗してるようですが、眼はしっかりしています。

明日は、獣医さんの休診日なので、面会ができません。
なので今日は又夜行く予定です。

エールを送ってくださってた皆様、本当にありがとうございました!!
これで1ステップあがれました!

それでは又、ご報告したいと思います。

色々なことに、感謝を込めて。
PR

なるほど・・・

避妊手術をすれば、リスクも低下するんだね
大手術もこさんお疲れ様でした。
術後の回復も、応援しているよ。

  • 2009年01月28日水
  • akko
  • 編集

何年後かわからないけど

うちも犬か猫を飼うかもしれないんで
参考になります。

  • 2009年01月28日水
  • マダム珍味
  • 編集

無題

モコ姫がんばれー
早く元気になって家に戻れるよう祈ってますね
大変なときなのに、こんなにわかりやすく書けるなんて
脱帽してます
なーごさんもお疲れ様です。

  • 2009年01月28日水
  • こざる
  • 編集

大変でしたね。

な~ごさん、いろいろ重なってしまって大変でしたね。
もこさん、手術がんばりましたね。
早く体力が回復することを祈っています。

そして落ち着いてお祝いできなかったでしょうが、お誕生日おめでとうございます!!

>akkoちゃん

前の猫んこを飼ってたときより格段の差で色々と
わかることが増えているのに、
ついついそんなことは勉強せずにきちゃったなあ、と思って。
今日面会に行ったら、すごい回復力だったよ。
もう起きて歩き回ってる。すごいもんだねー。

  • 2009年01月29日木
  • な~ご
  • 編集

>珍味さん

ワタシも随分色んな方のブログとかで
色々知ることが出来たのです。
今はこうやって情報を集めることができるのは
すばらしいよね。
是非参考にしてみてください。
わんちゃんにしても、最近は高齢化しているので
色々な病気が増えているそうですよ。

  • 2009年01月29日木
  • な~ご
  • 編集

>こざるちゃん

いやー、そんなに褒めないでよお、ほんとのことだけどさあ。
照れるなあ~。

  • 2009年01月29日木
  • な~ご
  • 編集

>kaeruさん

年末からこっち怒涛でした。
そうなんです、誕生日どころじゃなかったんですが、
でも、誕生日だったから成功したんだ!
ってワタシ、威張ってるんですよ。(笑)
しかし、子供もそうですが、小さい子が病気なのは
ほんとに可愛そうでした。

お祝い言ってくださって、ありがとう!!うれしいです。
今年はkaeruさんとカレー食べに行きたいな。

  • 2009年01月29日木
  • な~ご
  • 編集

無題

あああ!
ダスが乗り移っている

  • 2009年01月29日木
  • しみさま
  • 編集

快気祈願

こんばんは。

な〜ごさん、ブログをやっていらっしゃったんですね。
今まで知りませんでした。
そしてにゃんこの家族がいらっしゃって大変だとは。

うちの実家でもにゃんこの家族がいましたが、うちは
老衰で天寿を全うしました。

まずは無事の退院を願っております。
それでは、失礼しました。

本当に頑張って欲しいです。

大変でしたね。
また手術を決断されたことも、すごく気持ちがわかります。
でも文中にあった先生との信頼関係って本当に重要だと思います。
本当に元気になってほしいです。

  • 2009年01月30日金
  • かりん☆
  • 編集

ダスじゃなくて、しみさま

ハン・ソロと呼んで。
ダスなんてやっつけちゃるっ!!

  • 2009年01月30日金
  • な~ご
  • 編集

>USHIZOさん

快気祈願、ありがとうございました!!
豪徳寺でお札をもらってきたのが、利いたと思います。
前飼ってた猫は13歳ですい臓がんで亡くなりました。
今の子は11歳までは病気知らずだったんですけどねえ。
何が起きるか本当に分からないものだと思いました。
でも、ポジティブに今年もカレーは食べて行こうと思ってますので
どうぞご指導宜しくお願いします。
こちらのブログは猫中心になりそうです。
カレーは、カレーブログ「今日もカレーを食べました」にアップしていくとおもいます。

  • 2009年01月30日金
  • な~ご
  • 編集

>かりん☆ちゃん

お帰りなさい。
そしてお気遣いありがとうございました。
びっくりさせちゃったでしょ?
でも、とりあえずひとまず安心しました。
今日退院するのでお迎えに行ってきますよー。
さぞかしわがままになっていそうでごわいですが。(笑)

  • 2009年01月30日金
  • な~ご
  • 編集

無題

モコちゃん、ほんと良かったね!!!
ペットは喋ることはできないけど、モコちゃんも
手術が成功して嬉しいだろうな~。
これからも色々大変だと思うけど、頑張ってね!!

  • 2009年01月30日金
  • mogu
  • 編集

無題

何も知らずにこちらにお邪魔してビックリしました!
手術も成功されて、もこちゃんも回復に向かっていると言う事で、私もホッとしています。
麻酔のリスクの話や避妊手術の話…、とても良く分かります。
我が家の犬も一昨年の秋に子宮の病気になったのですが、やはりその病気の予防には「子供を望まないのであれば、避妊手術を」とあとから読んだ本に書いてあって、勉強不足に後悔したものです。
幸い発見が早かったので内科的治療をして、その後何度かの再発ののち(命にかかわる病気でしたので)手術で子宮を摘出しましたが、その時にも麻酔のリスクが高く悩んだものです。
幸いにも手術は成功して、快適に元気に最後の11ヶ月を送れたので、あの時に決断して良かったなと。
もう無事に退院されたのですか?
入院もメンタル面が心配ですので、早めに退院出来て何よりです。
もこちゃんの手術成功、
そしてなーごさんお誕生日おめでとうございます。

  • 2009年01月31日土
  • URL
  • ☆asami☆
  • 編集

>moguっち

きっともこさんは、なんでおなかが痛いのかしらっ?
とか、
なんでここはおうちじゃないのかしら?とか色々思ってることはあると。
何せ手術は麻酔してるしねえー。
大体親の心、子知らずてなもんですわ。違うか。

  • 2009年01月31日土
  • な~ご
  • 編集

☆asami☆さんも

つい最近悲しい思いをされたばかりなのに、
お気遣い、ありがとうございます。
そうですね、今心配なのは、入院よりもエリザベスカラーによる
メンタル面の落ち込みです。
プライド高い猫姫なので相当ショックかと思われます。
食欲も出なくって・・・。
でも無事に退院しましたし、傷口なども順調に回復しています。
でも、やはり悪性の癌でしたので、遅かれ早かれ転移はあるでしょう。
なので尚更、悔いなく、本人が楽な道を探したいと思っています。
いいアドバイスがあったら教えてくださいね!
ご心配くださりありがとうございました。

  • 2009年02月02日月
  • な~ご
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL